パラタイプエー

"刺さった本"の感想・書評を書いています。

移転済

消費世界に引き摺り出された作り手の苦悩|『うるさいこの音の全部』

この記事は移転しました。 約2秒後に新記事へ移動します。 移動しない場合はこちらをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(".*entry.*"); if (re.test(href)) { // 新url …

個人的ブックオブザイヤー2023を決めよう

ライター・アオミ ソウが2023年に読んだ本の中から、ジャンル別におすすめの本を6冊選出・紹介します。

【書評・感想】千葉からほとんど出ない引きこもりの俺が、一度も海外に行ったことがないままルーマニア語の小説家になった話

この記事は移転しました。 約2秒後に新記事へ移動します。 移動しない場合はこちらをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(".*entry.*"); if (re.test(href)) { // 新url …

日常がじわりと燃え落ちていく現代ホラー|『骨灰』

2023年の直木賞候補作「骨灰(冲方丁) 」のレビュー・書評記事。 東京という都市を舞台に祟りが巻き起こる新鮮なホラー小説。日常が侵食され、じりじり灼かれるような恐怖が魅力の作品。

日本一の繁華街の生態系が垣間見れる本|『ルポ歌舞伎町』

『ルポ歌舞伎町(國友 公司|彩図社)』の書評記事です。新宿歌舞伎町への潜入ルポルタージュを読んだ感想を公開しています。

現代版・現実侵食型ネットロア|『かわいそ 笑』【書評・感想】

この記事は移転しました。 約2秒後に新記事へ移動します。 移動しない場合はこちらをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(".*entry.*"); if (re.test(href)) { // 新url …

2023年7月に読んだ本の短評(いまさら)【書評・感想】

2023年7月に読んだ「センス・オブ・シェイム」「ストーンヘンジ」「Another side of 辻村深月」「宗教のレトリック」の4冊について、短い書評と感想を書きました。

生き物の目は光をどう捉えているのか|『奇想天外な目と光のはなし』【書評・感想】

人や動物はどのようにものを「見て」いるのか。目の成り立ちから、光を感知する仕組み、光に関わる生態までを扱ったポピュラーサイエンス本『奇想天外な目と光のはなし(入倉 隆|雷鳥社)』を紹介。