パラタイプエー

"刺さった本"の感想・書評を書いています。

【書評・感想】千葉からほとんど出ない引きこもりの俺が、一度も海外に行ったことがないままルーマニア語の小説家になった話

本記事は広告プログラムを利用しています。>詳細

書評|千葉からほとんど出ない引きこもりの俺が、一度も海外に行ったことがないままルーマニア語の小説家になった話

年の瀬に、今年最高のエッセイを読了した。

昨今のライトノベルよろしくタイトルに全ての情報が集約されている本「千葉からほとんど出ない引きこもりの俺が、一度も海外に行ったことがないままルーマニア語の小説家になった話」だ。

私は「バチクソに高い能力を持ち、稀有な実績を上げているのに、妙なところで自己肯定感が低く厭世的な雰囲気のある人」を勝手に「井の中の龍」と呼んでいるのだけれど、この本はそれはもう見事な「井龍」エッセイだった。

著者である済東鉄腸氏は、入試の失敗(個人的にこの表現はあまり好きではないのだけれど)をきっかけに大学生活につまづき始め、苦手な人付き合い、サークルでの失恋、就活の挫折を経て、卒業とともに力尽きた。メンタルの療養をしながら、2015年からは実家の子ども部屋に引きこもるようになる。

私自身、適応障害で1年以上休職していたこともあり、うつ状態で無為に過ごす時間の辛さには覚えがある。今日も何もできなかった。自分がこうしている間にも世間の皆は有意義な時間を過ごしているのに。)

鉄腸氏にとって、そんな苦しみを忘れさせてくれるものは、映画だった。

現代は家にいてもタブレットひとつで古今東西の映画を観ることができる。いい時代だ。

やがて映画の消費から、生産活動としての映画批評の執筆を始め、どんどんディープな世界にハマっていく。日本未公開の映画を中心に批評を書くようになった頃、「ルーマニア語」それ自体をキーとするルーマニア映画に出会う。

そこからの行動力は凄まじい。生きたルーマニア語を習得したいという思いからSNS上で1000人を軽く超えるネイティブと交流を図る、という体当たりぶりだ。その中の幾人かとの出会いをきっかけに、やがて小説をルーマニアの文壇で発表する機会を得ることになる。

 

本書では、それぞれのエピソードや考えが鉄腸氏の独特の文体で綴られている。巻末にはルーマニアの書籍・映画・音楽作品のリストと紹介文収録されており、鉄腸氏のルーマニア愛を一冊丸ごとで浴びられる本だ。

 

この本、ひいては鉄腸氏の「ヤバさ」

さて、冒頭で話私は鉄腸氏のことを「井の中の龍」と形容したが、冷静にその異常性(最大級の褒め言葉)を紐解きたい。

まず、「千葉からほとんど出ない引きこもりの俺が、一度も海外に行ったことがないままルーマニア語の小説家になった話」というタイトルは罠だ。どこか謙遜や自嘲を感じる表現に騙されてはいけない。

一見、「社会から孤立し自分の居場所を見つけられなかった著者が、偶然の出会いを通じて自己実現を図る物語」のように感じてしまうが、実際のところ著者は尋常じゃない熱意と行動力を持つ人間である。このことは本をしばらくめくっただけで痛感できる。

 

まず、映画批評を書き溜めたノートの冊数がおかしい(もちろん賞賛だ)。

「引きこもり生活の焦りを払拭するための生産活動として批評を始めた」「引きこもりを始めた2015年からの映画ノート30冊はある」

とあるが、引きこもる前の2011年-2015年の間ですら、当然のようにノート14冊分のメモが書き溜められている。単純計算で年間3冊(約240作品)以上、大学に通っていた頃から、尋常じゃない量の映画を観、メモをつけ続けている。

また、当然のように語学力は高い。「日本未公開の映画」は当然英語あるいは他言語の英語字幕だ。それを一日1-2本のペースで咀嚼して評論まで書き上げるのだから、かなりの「龍」っぷりである。

もちろんその後のルーマニア文壇へ飛び込んでいく過程もとんでもない行動力なのだけれど、これは各所で取り上げられているので割愛する。


とにかく、この本は正真正銘「井の中の龍」がずるりと井戸から顔を出して、大空を駆けている様を綴った話なのだ。だからこそ、そりゃもう面白い。こんな創作の主人公みたいな人の熱意と思考と行動の軌跡を読まされて「ぐわー、すごい、かっこいいな」と思わずにはいられないだろう。

鉄腸氏は「周りと違う自分カッケェ」というある種のナルシシズムが原動力だったと語るが、仮にスタートが形からだったとして、真に特異な存在に”成った”のならそれは本物でカッケェのだ。

いやぁ、いい本を読んだ。